ピーちゃん

おもえば 3年前の2月、父の葬儀の日に、あのドカ雪!
農家の方々が 野鳥のために 毎年残しておく 柿の実も 雪に埋もれ
餌が見つけられない鳥たちのために、母が 何気に庭に 食べ残しのパンを置いたところ、

1羽のヒヨドリが来ました。

もちろん 自然界の法則を考えたら、タブーな事だと母も重々 承知の上でしたが、

父が亡くなった直後に来たそのヒヨが、 なぜか父に思えて仕方なかったそうで、

私も つい見て見ぬフリを・・・008.gif


母は勝手に「ピーちゃん」と名前をつけて、毎年秋になると
ピーちゃんが来るのを楽しみに待つようになりました。
母が言うには 「ピーちゃんはベランダまで入ってくるし、
呼びかけると返事もするので、すぐわかる」と・・・
でも私には、それが本当に前年に来たのと同じ鳥なのかどうか、
じつはずっと半信半疑でした(^^;


ところが今年、確かにピーちゃんであることが判明!!

その証拠説明は、昨年の春まで さかのぼります。

旅立ち前の ある日、ピーちゃんは 餌をめぐって 別のヒヨドリと 格闘! 066.gif

可哀想に ピーちゃんは 左肩に 傷を負ったまま、山へ帰りました 。


そして この冬、なかなか ピーちゃんが現れなかったので、母は 自分が
置いた餌のせいで ピーちゃんが死んでしまったと 激 落ち込み 007.gif


ところが 数日前、突然 母の目の前に 一羽のヒヨドリ出現 005.gif
昨年と同じ、左肩に 下羽毛が飛び出た、まさしく ピーちゃん!!
母の喜び様は 言うまでもありません \(^o^)/


急いで撮って トリミングしたので 画質は悪いですが、
肩に飛び出た 下羽毛 お分かりいただけますでしょうか?

f0127273_18033816.jpg



野鳥の餌付けは いけない事とわかってはいても、今の母にとって
唯一、心の拠りどころ、そして 父だと信じている姿を見ると
何も言えなくなってしまう私なのでございます 002.gif


今日は ピーちゃん、餌が置いてないよーー と、母の肩先まで 催促に来たそうな(笑)

もう、こうなったら 今さら 餌やりを止めることは 出来ませんね 037.gif


ちなみに 他のヒヨドリは、庭に入ってきても 私らの姿が見えると すぐに飛んで逃げます。

ピーちゃん 母に毎日 元気をくれて ありがとうね 016.gif







[PR]
by kazu-photo | 2017-01-19 18:30 | 自宅